集中と脱力 自分のタイプで使い分けよう

typewriter-584696_1280

年齢とともに確実に落ちてきたものがあります。

体力&集中力です。

物事を仕上げるときにはかなり集中して行うので

typewriter-584696_1280

 

 

こんな風に頑張って、一気にやりきると

robbe-424301_640-290x290

 

その後、こうなります。

最近では自分のパターンがわかってきたので、物事を仕上げた後に脱力のための時間もキープできるようになりました。

自分のパターンが分かるまでは、物事を終えた後に疲れて休みたくなることに罪悪感を持っていました。なので、ちっとも休めない。

結果疲れがじわじわと蓄積されていき普段のパフォーマンスは低く定着。こうして残念な自分の完成です。

休むのは、次の良いパフォーマンスのためには必要です。

スケジュールに自分の休む時間を予定としてキープしよう。

たまにちゃんと出来てない母や妻になるのを自分に許して、また明日から頑張ればいいんです。

コツコツが苦手な集中タイプの方には、特におすすめです。

 


関連記事

  1. busy_1433128730-200x300

    一番の時間泥棒ってなんだろう。

  2. pocket-watch-560937_1280

    チリも積もれば、時間の場合。

  3. task_1432261319-300x212

    見えないモヤモヤは、見える化してみる。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。