料理の時短に文房具を。

毎日の料理。サクサク作りたいですね。

結婚するまで料理をあまりしたことがなかったので、料理本片手に料理してました。(笑)

調味料の配合の適当がわからなかったのです。

この調味料の配合、いまだにさっぱり覚えられません。根本的に苦手なのでしょう。

しかし、毎回料理本を開くのは時間がかかる。そもそもどの料理本だったのか忘れて探したり。

手間がかかると余計に料理するのに気が重い。

そこで、付箋の出番です。

我が家ではキッチンの釣り戸棚の裏側に よく作る料理の調味料の配合を書いて、ペタペタ。

扉をあけるとひと目で、調味料の配合がわかります。

ついでに何を作ろうかな。迷ったときにもこれを眺めると、コレ作れる!と一品決まったり。

扉を閉めてしまえば、見栄えは関係なし! これ、かなり時短につながっております。

ちなみにサイズはこのくらいが使いやすいです。

オフィス・デポ 粘着メモ 76x51mm 4色アソート(パステル) 12冊パック/self-stick notes

こんなのも、あるみたい。

付箋レシピ デザイナーときどき料理人のスケッチごはん

工夫をこらして料理のハードルどんどん下げて、暮らしサクサクへ。


関連記事

  1. セルフレジをしながら頭をよぎったこと。

  2. 気分をよくする家事のやり方

  3. 焼肉後のお悩みといえば。

  4. 本当にエコなエコバッグ

  5. 掃除機とセットで使いたいコレ!

  6. 今日の夕飯アレ作ろう。ところで材料なんだっけ?こんなお悩みスマホで解決!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

アーカイブ